赤字の遊園地アッパーランド」を救え!
大阪でボードゲームを使った
法人向け体験型新入社員研修
あなたの会社に遊園地がやってくる

ビジネスの仕組みや流れを楽しく学ぶことを実現

研修受講者が1チーム6人で遊園地を運営する各部門を担当し、部門の壁を越えて遊園地を再建するゲームです。講師がファシリテートしながら進めますので、事前準備は必要ありません。ゲームとはいえ、実際に遊園地という施設を経営することで、ビジネス・社会の仕組みを楽しく学ぶことができます。

おおまかにビジネスの仕組みを理解することは、新入社員研修を経た配属後に自分たちの仕事がどういうことにつながるのかイメージしやすくなり、目的意識をはっきりともって仕事に取り組んでもらえるようになります。

ボードゲームを活用した研修のメリットとは
Check!
体験型の研修を活用しませんか
Point1

積極的に参加したくなる研修テーマ

遊園地経営をチームで疑似体験します。集客のためにアトラクションを建設したり、メニュー開発したり。遊園地という誰でも体験したことがあるけど、その経営という未知な領域は親しみやすくかつ好奇心がわきたてられるゲーム型の研修です。

研修楽しいというイメージから仕事へのイメージもポジティブなものとなり、そういった研修を実施している会社ということで帰属意識も高まります。

Point2

個性の違いを認め、協力し合える

遊園地経営するために参加者は経営者、アトラクション運営、メンテナンス、物販・飲食など各部門をそれぞれ担当します。一人が頑張っても成果が出ず、各部門が協力しなければゲームとして成功しない設計になっていますので、自然とチームワークが高まります。

新入社員は同じスタートラインから切磋琢磨していく仲間です。体験型の研修を同時に体験するからこそ、より早く相互理解が進み、チームワークが高まります。

Point3

仕事に対して目的意識を明確に持てるようになる

ゲームとはいえ、実際に経営資源であるヒト・モノ・カネを活用して遊園地という施設を経営します。人を雇用すればどれくらい仕事ができて、一方で人件費が増えるのか。施設を建設すればどれくらい集客できて、維持費はどれくらいかかるのか。そういったビジネスの仕組みや流れを体感できます。そうすることで配属後も自分の仕事がどういう成果につながるのか、何のために自分はこの仕事をしているのかイメージしやすくなります。すなわち目的意識を明確に持って仕事に取り組みやすくなるということです。

体験者の声
株式会社サイダス様

  • いろんな働き方、考え方をする人がいると改めて知ることができた。その中絵お互いの意見を尊重することの大切さと、どこまで譲歩すべきなのかの基準を持つ必要性を感じた

  • 多くの情報や数字を把握することが苦手だと気付いたが、他のメンバー頭の回転が速く、自分にない能力を持っているとわかり、尊敬できるところが見つけられた。

  • チームワークとして誰かがリードしていくことの大切さや全員が参加できるように導くことの大切さを学び、やっていくうちにチームが一つの目標に向かえたことが楽しかった会社経営への疑似体験となり、仕事をするうえでのいろいろな部署の役割の重要性を知れた気がして楽しかった

  • ゲームとして経営を行うことで、少しラフにお金や設備、従業員の流れを理解・体験することができた。実際の経営で考えた場合に、ヒトを雑に扱ってはいけないと強く感じた。(ゲーム中に発生する)自分たちではどうしようもない出来事は、現実でも起こりうることで、リスクヘッジが大切だと感じた。

  • 状況を把握するためにこまめに声をかけることが大切。その結果として勝ちパターンをメンバーで具体的にイメージし、それが現実に起こったときは気持ちよすぎた

清水 群(しみず ぐん)

株式会社スマイルガーディアン代表取締役
テーマパークコンサルタント

東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する株式会社ユー・エス・ジェイ出身。

接客から機械設計まで幅広くこなし、各種プロジェクトに参画。在職中に中小企業診断士を取得し、業務改善の部門に異動。テーマパークを構築する各部門のKPI設定や組織の最適化などを担当。

独立後は国内外の遊園地テーマパークのコンサルティング、ボードゲームを用いたチームビルディング研修や講演を行っている。

アッパーランドはゲームのコンセプトについて、清水とレジャーコンダクターの杉崎氏が共同で案を出し、それをもとに株式会社バンソウ様にルールなどを構築いただきました。

積極的な学びを自分のために社会のために

テーマパークの楽しさと学びを掛け合わせた研修を提案いたします

遊園地という場所は、お客様も楽しそうだし、働くスタッフも楽しそうだし、働く側の視点ではこんなに笑顔にあふれている職場って他にはないなと思います。遊園地が好きで働いているスタッフがほとんどです。社会人になれば出勤の日は24時間の1/3が仕事の時間です。その時間を好きな仕事に使えるというのは私はすごく幸せなことだと思います。一方で仕事をするということはお給料をいただき、生活のためという一面もあります。年齢を重ねたり、家族が増えれば多くの生活費が必要になってきます。好きな仕事をただやればそれが得られるというわけでは必ずしもありません。自分が成長し、成果を出すことで好きな仕事をしながら生活も支えていけると私は考えています。そういう人が一人でも増えるように、積極的に学べる場を提供したい。ただ前を向いて講師の話を聞くのではなく、仲間と楽しく学べる場を提供したい。それならテーマパーク遊園地楽しい要素を取り入れればいいじゃないか。そんなことから生まれたのがアッパーランドというボードゲームです。自分にとって好きな仕事を続けて社会に貢献できる新入社員の方が一人でも増えるように。そんな思いをもって、大阪の皆様にこの研修をお届けします。

275,000円(税込)

清水自らがファシリテートしながら研修を行います。ゲームに3時間、ゲーム前学習、そして研修で最も大切なゲーム後の振り返りを含めて一日の研修の価格です。受講される人数によって価格が変わります。人数や研修時間・内容のご相談はお気軽にご連絡ください。

ボードゲーム研修実施までの流れ

  • STEP

    01

    まずお問い合わせください

    まずは問い合わせ画面にて必要事項を記入いただき、ご連絡ください。

    日程や受講される人数、研修実施の目的などすでに決まっていらっしゃる項目がございましたら、記入いただきますと幸いです。

  • STEP

    02

    内容について打合せ

    記入いただいた内容をもとに対面もしくはオンライン、お電話にて打合せをさせていただきます。実り多い研修とするために、普段のお仕事のことをざっくばらんにおうかがいし、研修の内容に反映いたします。

    打合せさせていただいた内容をもとにお見積りを提示いたします。研修内容のご希望やご予算にあわせてカスタマイズいたしますので、何度か打合せをさせていただきます。

  • STEP

    03

    ボードゲーム研修当日

    当日はボードゲームを弊社から直接お持ちしますので、研修会場をご用意いただくのみです(弊社で実施の場合は別途ご相談させてください)。

    お互いに距離を保ったままできるボードゲームですので、テーブルやイスの配置などは打合せのときにこちらから指定させていただきます。

Contact

お問い合わせ ※は入力必須です

Access

社員向けの研修プログラムでお悩みでしたらぜひ一度お気軽にご相談ください

概要

企業名 株式会社スマイルガーディアン
住所 (大阪オフィス)大阪府大阪市中央区天満橋京町2-15 岡本ビル7階
電話番号 06-6941-8351
最寄り 天満橋駅より徒歩1分

アクセス

貴社のご要望にカスタマイズした内容でボードゲームアッパーランド」の研修を提供いたします。お電話やお問い合わせフォームからのご連絡に基づいて日時を決定し、しっかりと時間をとって打合せをさせていただきます。ボードゲームアッパーランド」を直接ご覧いただくことも可能です。
RELATED

関連記事