応募者が実力を発揮しやすい環境づくり
遊園地の再建がテーマの経営シミュレーションゲーム
遊んでいる姿は等身大の姿

採用活動にボードゲームを使う理由

POINT
01

リアルの場でリアルな姿が見れる

ボードゲームアッパーランド」は必ずと言っていいほど、毎回盛り上がります。ゲームに没頭するため、応募者のリアルな姿、すなわち本質が見えます。ピンチの場面でどういう姿を見せるか、好調時に大胆に攻め続けるか慎重なのかなどです。採用活動において応募者の本質、本音が見えたり聞こえたりすることは採用後のミスマッチを防ぎます。

そしてやはりそういった姿はリアルな場だからこそ見ることができます。応募者が持つ力というのは目で見たり声で聞いたりする以外にも、その場の空気を肌で感じて初めて量ることができます。

IU8A0398
POINT
02

実際の経営要素があるから実務に活用しやすい

テーマパーク遊園地も会社の経営とやっていることは全く同じです。設備投資がアトラクションであるなど、商品・サービスが異なるだけです。経営のために採用や人材育成、マーケティングや営業活動、資金調達や収支の管理など当たり前に存在します。

それらが231枚のカードとして使えるのですが、どのように使うのかで考え方のクセが見えますし、全体を俯瞰して見ているかなどいろいろわかります。貴社が採用活動で重要視したいポイントをいくつかに絞って応募者を見ることができます。

カード役割
POINT
03

一度プレイすれば自社で何度も使える

アッパーランドは20cm四方の箱に、説明書を含めたゲームに必要なキットが収められています。

一度説明を聞いていただければ、ボードゲームを購入いただけますので、年間にかかる費用(使い方などの問合せ対応やカード破損の交換対応などの費用です)のみで自由に採用活動に活用していただけます。

IMG_6109
Check!
面接に加えて参加型の採用活動をしませんか
Point1

慣れない場でのコミュニケーション

自分の情報を相手に正確に伝える、相手から情報を正確に引き出すというコミュニケーションがこのボードゲームを成功させるカギとなっています。初対面の人同士の場でも相手の意見を聞けるか、自分の意見を発信できるか、コミュニケーション力を見ることができます。

Point2

考え方のクセが見える

遊園地経営するためにアトラクションを建設したり、営業活動したり、資金を借入したり。あらゆる手段から何が最適か考えて実行していくゲームです。なぜその手段が最適と考えたのか、どういった順番で実行するのかなど考え方のクセが見えます。

Point3

全体を俯瞰して見えているか

ボードゲーム上で遊園地経営するにあたり、個人プレーではゲームは成功しません。チームとして参加者同士が協力することで遊園地の業績が向上する仕組みです。そこにいち早く気づき、全体を俯瞰して物事を判断できるかどうかもチェックできます。

体験者の声
株式会社サイダス様

  • いろんな働き方、考え方をする人がいると改めて知ることができた。その中でお互いの意見を尊重することの大切さと、どこまで譲歩すべきなのかの基準を持つ必要性を感じた。

  • 多くの情報や数字を把握することが苦手だと気付いたが、他のメンバー頭の回転が速く、自分にない能力を持っているとわかり、尊敬できるところが見つけられた。

  • チームワークとして誰かがリードしていくことの大切さや全員が参加できるように導くことの大切さを学び、やっていくうちにチームが一つの目標に向かえたことが楽しかった。会社経営への疑似体験となり、仕事をするうえでのいろいろな部署の役割の重要性を知れた気がして楽しかった。

  • ゲームとして経営を行うことで、少しラフにお金や設備、従業員の流れを理解・体験することができた。実際の経営で考えた場合に、ヒトを雑に扱ってはいけないと強く感じた。(ゲーム中に発生する)自分たちではどうしようもない出来事は、現実でも起こりうることで、リスクヘッジが大切だと感じた。

  • 状況を把握するためにこまめに声をかけることが大切。その結果として勝ちパターンをメンバーで具体的にイメージし、それが現実に起こったときは気持ちよすぎた。

清水 群(しみず ぐん)

株式会社スマイルガーディアン代表取締役
テーマパークコンサルタント

東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する株式会社ユー・エス・ジェイ出身。

接客から機械設計まで幅広くこなし、各種プロジェクトに参画。在職中に中小企業診断士を取得し、業務改善の部門に異動。テーマパークを構築する各部門のKPI設定や組織の最適化などを担当。

独立後は国内外の遊園地テーマパークのコンサルティング、ボードゲームを用いたチームビルディング研修や講演を行っている。

アッパーランドはゲームのコンセプトについて、清水とレジャーコンダクターの杉崎氏が共同で案を出し、それをもとに株式会社バンソウ様にルールなどを構築いただきました。

ボードゲーム開発への思い

働きやすい職場で自分の力を発揮できるように

テーマパークの楽しさと学びを掛け合わせた採用活動を提案いたします

遊園地という場所は、お客様も楽しそうだし、働くスタッフも楽しそうだし、働く側の視点ではこんなに笑顔にあふれている職場って他にはないなと思います。遊園地が好きで働いているスタッフがほとんどです。社会人になれば出勤の日は24時間の1/3が仕事の時間です。その時間を好きな仕事に使えるというのは私はすごく幸せなことだと思います。一方で仕事をするということはお給料をいただき、生活のためという一面もあります。年齢を重ねたり、家族が増えれば多くの生活費が必要になってきます。好きな仕事をただやればそれが得られるというわけでは必ずしもありません。自分が成長し、成果を出すことで好きな仕事をしながら生活も支えていけると私は考えています。そしてそれはどんな職場でも叶えられるわけではないと考えています。職場を構成している人との相性だってあります。できればいい相性の人たちと一緒に切磋琢磨できる環境で仕事をしてほしい。そのためには採用活動において応募者にリアルな姿を見せてもらうことが大切。その真の姿で採用担当者に評価してほしい。双方が幸せになる採用、そんな思いからこのボードゲームが生まれました。

ボードゲーム導入価格

初期費用275,000円(税込)、年間利用料33,000円(税込)~

まずは清水自らがファシリテートしながらアッパーランドがどのようなボードゲームかプレイしていただきます。そのファシリテートに関する費用が初期費用です。

年間費用はボードゲームに関する問い合わせ対応やカード破損などによる交換対応の費用、そしてボードゲームのレンタルに関する費用です。レンタルされるゲーム数によって価格が変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

グループワーク実施までの流れ

  • STEP

    01

    まずお問い合わせください

    まずは問い合わせ画面にて必要事項を記入いただき、ご連絡ください。

    日程や受講される人数などすでに決まっていらっしゃる項目がございましたら、記入いただきますと幸いです。

  • STEP

    02

    内容について打合せ

    記入いただいた内容をもとに対面もしくはオンライン、お電話にて打合せをさせていただきます。実り多いグループワークとするために、ボードゲームをとおして採用においてどのようなポイントを重要視されているかなどをおうかがいし、グループワークの内容に反映いたします。

    打合せさせていただいた内容をもとにお見積りを提示いたします。グループワーク内容のご希望やご予算にあわせてカスタマイズいたしますので、何度か打合せをさせていただきます。

  • STEP

    03

    ボードゲーム研修当日

    当日はボードゲームを弊社から直接お持ちしますので、グループワーク会場をご用意いただくのみです(弊社で実施の場合は別途ご相談させてください)。

    お互いに距離を保ったままできるボードゲームですので、テーブルやイスの配置などは打合せのときにこちらから指定させていただきます。

Contact

お問い合わせ ※は入力必須です

Access

社員向けの研修プログラムでお悩みでしたらぜひ一度お気軽にご相談ください

概要

企業名 株式会社スマイルガーディアン
住所 (東京オフィス)東京都中央区銀座1-14-10 松楠ビル4階
電話番号 090-7119-5444

アクセス

貴社のご要望にカスタマイズした内容でボードゲームアッパーランド」の研修を提供いたします。お電話やお問い合わせフォームからのご連絡に基づいて日時を決定し、しっかりと時間をとって打合せをさせていただきます。ボードゲームアッパーランド」を直接ご覧いただくことも可能です。
RELATED

関連記事